FC2ブログ

評論家・雑誌「暫-ZAN-」編集長である三浦純平が哲学・思想・政治・芸術・お笑い・映画・猫など全般的に語ります。

評論家・雑誌「暫-ZAN-」編集長 三浦純平ブログ
https://theoutsiderjp.blog.fc2.com/

プロフィール

三浦純平

Author:三浦純平
1983年岐阜県生まれ。明治学院大学法学部政治学科卒業。
評論家、電子書籍雑誌「暫-ZAN-」編集長。

2010年、雑誌「表現者」30~32号に秋葉原事件についての評論「不安の現象学」を寄稿。

2019年7月、電子書籍雑誌「暫-ZAN-」を発刊。

専門は特にない。思想・文学・政治・映画・演劇・お笑いなどのジャンルで様々な表現を追求すべく、画策している。

ブログサークル参加中!


ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
652位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
59位
サブジャンルランキングを見る>>

最新記事 (サムネイル付)

愛らしい家… Feb 17, 2021
自己啓発系… Feb 16, 2021
物事をうま… Feb 15, 2021
散らばった… Feb 14, 2021
宇宙もの映… Feb 13, 2021

TopNTagCloud


カテゴリ

月別アーカイブ

トーマス・マンは芸術を擁護したわけではない

2021/01/19 07:00|思想・哲学・文学TB:0CM:0

遅ればせながらトーマス・マンの『トニオ・クレーゲル』を読んだ。

解説であった、理性・感性などの二項対立を矛盾のまま生きるというマンに関する解説は間違っていないが、ちょっとズレる気がする。

マンは、感性に対して理性を称揚したのではない。

さらには、現実に対して芸術を擁護したわけでもない。今の言葉で言い換えると、トニオ・クレーゲルは、非リア充(芸術家)であるが、彼は別にリア充に憧れているわけではないし、リア充になれなかった自分を嘆いているのではない。

マンは、リアル(現実)がくみつくせぬ充実であると言ったのである。

※2020年1月11日の記事です。


ランキング参加中!
ポチっていただくだけで今後の活動の励みになります!
下記バナーのクリックのご協力お願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
https://theoutsiderjp.blog.fc2.com/tb.php/347-afc06721

三浦純平 Twitter

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

アクセスカウンター

ブログ村投票お願いします!

下記バナーのクリックのご協力をお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキング投票お願いします!

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 |  思想・哲学・文学 | 西部邁 | 書評 | 政治経済 | 映画 | 笑い | バスター・キートン | 三浦家の猫たち | その他 | 雑誌「暫-ZAN-」 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. 評論家・雑誌「暫-ZAN-」編集長 三浦純平ブログ
Powered by FC2ブログ.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.